読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサムネがゆく!

うさぎのマサムネが動乱の時代を駆け抜ける!

マサムネとマサムネ城

マサムネの身の回りの環境を整える

f:id:cannon4733:20161021233034j:plain

 

 うさぎのしっぽ城より、無事にお迎えした我が家のマサムネ公。

元気いっぱいのわんぱく坊主で、イタズラを繰り返す日々を過ごしています。

 

 さて、そんなマサムネ公のお部屋ですが、用意したのがこれ。

 

KAWAI C・A・T コンフォート 80

KAWAI C・A・T コンフォート 80

 

 

  KAWAIのC.A.Tケージ。

コンフォートということで十分な広さがあり、まさに快適に過ごせそう。

お値段は少々お高いですが、オプション品も多く、マサムネ公も満足するはずである。

 

 ちなみにC.A.Tと書いてあるのでネコ用かと思っていた飼い主ですが、どうやら違うようです。KAWAIの公式ホームページを見ると、小さくですが、C.A.Tの意味が記載されていました。

 

このマークは人間からの価値や品質を重視するのではなく、コンパニオンアニマルの視点に立って、私たちのもてる技術を集約し、製品を作り上げるという理念のシンボルです。

『KAWAI公式ホームページ』

 

 なるほど、シンボルマークのようで、ネコではありませんでした(笑)。

略語の頭文字なのでしょうけど、公式ページでも文字が潰れて読めぬ。真相は分からず。

 

f:id:cannon4733:20161022000850j:plain

 

 マサムネとケージの記念写真をぱしゃり。

自慢の髭が静電気で逆立っているように見えますが、これが日常スタイル。

戦国武将は凛々しく勇猛な髭が命である。正面の顔はいつ見てもおとぼけ顔。

 

f:id:cannon4733:20161022001445j:plain

 

 これでマサムネ公も一国一城の主である。

自分専用の城を手に入れ、ご満悦の様子。疲れると自分からケージに戻り、休憩をよくしている。入れられると出たがるけど、なんだかんだ、落ち着くみたい。

 

f:id:cannon4733:20161021235633j:plain

 「ふむふむ、なかなかいい城ではないか」

f:id:cannon4733:20161021235632j:plain

 「縄張りをきちんとせぬとな!」と大手門を固めるマサムネ。

 

 男の子ウサギにも縄張り意識があるとはよく聞くが、マサムネはあまり自国領を守ろうと出兵したりはしない気がする。天下布武は目指していないらしい。

 

 縄張りという言葉は、城を造るための設計のことらしい。もともと城を造る際に縄を用いて長さを測ったことに由来しているとのこと。

 

 マサムネ公はとにかく踏み込める場所の新規開拓は行うけども、縄を張るまではしないので安心である。

 

f:id:cannon4733:20161021235620j:plain

 

 ソファーの下が好きなので、狭くて小さな家も献上してあげたが、こちらはまったく入らずにただかじるのみ。

 

f:id:cannon4733:20161021235619j:plain

 グワッ!!!

f:id:cannon4733:20161021235621j:plain

 ベストショット。横顔は凛々しいのだ。

f:id:cannon4733:20161021235638j:plain

 城の後ろは書庫となっております。殿、書物をかじらないでくだされ。

 

 自身の城を手に入れたマサムネ公。

これで籠城も可能である。ここを起点にすくすくと成長してくだされ。

 

f:id:cannon4733:20161021233030j:plain