読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサムネがゆく!

うさぎのマサムネが動乱の時代を駆け抜ける!

平成の風雲児 うさぎのマサムネ

うさぎのマサムネの誕生

 平成28(2016)年2月11日、動乱の世に一匹のうさぎが誕生した。

名はマサムネ、別名をムネタロウ、ムネミツ、ムネオという。

血統書によると、出生地は横浜市磯子区

品種はDUTCH(ダッチ)、色はBLUE(ブルー)である。

 

 母親による暗殺計画(嘘)に巻き込まれ右耳をかじられるという事故に見舞われたが、それにより強い根性を取得、「独耳竜マサムネ」の愛称とともにうさぎのしっぽ城にて強く育った。

 

マサムネのコンフォリア城入城

 7月30日、マサムネ公の上京が決定。隅田川花火大会の轟音に祝福されながら、マサムネはコンフォリア城(自宅)へと入城した。

 

f:id:cannon4733:20161021171118j:plain

f:id:cannon4733:20161021171801j:plain

f:id:cannon4733:20161021171907j:plain

 

 駕籠にてご入城されたマサムネ公。

「苦しゅうない」とのご様子。どうやら新しい城をお気に召されたよう。

 

f:id:cannon4733:20161021172427j:plain

 

 この牛が家老でございます。

まずは城内をご自由に散策されるのがよろしいでしょう。

 

f:id:cannon4733:20161021172818j:plain

 

 さっそく「なでろ」とのご指示。

殿は毛並みがたいへんお綺麗ですなあ。

 

f:id:cannon4733:20161021173109j:plain

 

 どうやら殿はソファーの下の角を好まれたようで、おくつろぎになられています。

専用の部屋は後ほどご用意させていただきますので、少々お待ちくださいませ。

 

 こうして、マサムネは新たなる一歩を踏み出したのであった。

天下を狙うマサムネ公の野望は果たして実現するのであろうか。